MENU

外国にハッキリ主張しよう 1|国際政治

前回は「外国の方に対しては『分かりやすい言葉』を届けよう 1」の話でした。

ロシアによるウクライナ侵攻は、平和な日本人にとっては驚天動地とも言える出来事でした。

現在は、主に欧州・米国とロシア・中国双方で交渉を続けているとみられ、やや小康状態です。

今回は「外国にハッキリ主張しよう」です。

鈴木貫太郎首相(当時)のような、海外首脳に「誤解を与え、大義名分を与える」可能性のある言葉遣いをすることは最悪であり、絶対に避けるべきと思います。

しかし、それから77年経過した今の日本は、当時を「過去の歴史」と片付けられる状況にはないのではないでしょうか。

f:id:Yoshitaka77:20211021103902j:plain

特に総理大臣には、「言葉をきちんと海外に届けること」または「海外にハッキリ主張すること」を考えて欲しいと思います。

日本の首脳や閣僚などが下を向き続けながら記者会見をしている話をしました。

欧米の首脳は、ほとんどの方が会見が上手です。

「上手」というよりも、彼らからすると「当たり前」なのかもしれません。

この理由に、よく「日本の教育にはディベートがなくて、『先生の話を一方的に聞くだけ』の授業形式だから」ディベートや会見する能力が「低い」と言われます。

この話は僕が学生だった20年以上前にはすでにあった話です.

それに気付いているのならば、政府・文科省は「改善するような教育システム」に変更するべきと考えますが、その気配すら全くありません。

最近は、ロシアに一方的に「北方領土に特区設置」された日本。

また、ロシアの艦船が日本近海を通過しても、日本は「注視する」とか「緊張感を持って情報収取してゆく」です。

10隻の艦隊と言ったら、すぐに戦争できる規模の海軍です。

自衛隊も海外から見たら「日本軍」なのですから、自国の近海を「10隻の(敵国の)艦隊が通過」したら「注視する」「緊張感持って」というのは「当たり前」です。

艦船が通過しなくても、軍なのだからいつも「注視・緊張感持って」いて欲しい。

とにかく、国際政治において「いるのかいないのか」分からない程存在感のない日本。

f:id:Yoshitaka77:20220311063528j:plain
岸田文雄首相(Wikipedia)

少なくとも「主張しなければ始まらない」と思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる