MENU

外国の方に対しては「分かりやすい言葉」を届けよう 1|国際政治

前回は「分かりやすい言葉で伝えよう〜「遺憾」は使わないようにしよう〜 1」の話でした。

今回は「海外に分かりやすい言葉を届ける」の話です。

この記事を書いていて、「遺憾は海外でどのように訳されるのかな?」と思い、BBCを聴いてみました。

北朝鮮のミサイル発射に対する岸田首相のコメントは、”This is regrettable.” でした。

Regrettable = 残念

やはり「残念」でした。

とにかく外国との関係においては、「言葉は大事」で「言葉は相手あってこそ」なのです。

対外的な会見や、外電にのせる言葉は「相手国の言葉に翻訳しやすい言葉」を心がけて欲しい。

海外に、「分かりやすい言葉を届ける」事を最優先にしてほしいです。

この日本的な「曖昧な言葉」によって、甚大な被害の出た例があります。

第二次世界大戦の末期、1945年はすでに日本の敗北が誰の目にも明らかになっていました。

同年7月26日に米国トルーマン大統領・英国チャーチル首相・中華民国蒋介石の連名で、日本に無条件降伏を求める「ポツダム宣言」が発表されました。

f:id:Yoshitaka77:20211227163814j:plain
Harry Truman米大統領(Wikipedia)

そして、世界中が「日本がどうポツダム宣言に対応するか」に注目します。

ポツダム宣言に対する日本の総理大臣発言は、世界中の耳目を集めたのです。

これほど日本の総理大臣の発言が世界中から注目されたことは、これ以降ないでしょう。

鈴木貫太郎首相(1945年 人物で読む太平洋戦争 世界文化社)

「ポツダム宣言」に対し、当時の鈴木貫太郎首相は、7月28日に海外へ意見を発表します。

「日本政府としては、これ(ポツダム宣言)を重要だ価値あるものと認めず、『黙殺』し断固戦争完遂に邁進する」と。

この鈴木首相の「黙殺」は外電には「日本政府がポツダム宣言をignore(無視)した」と伝わりました。

その結果は、鈴木首相が思いもかけない結末を迎えます。

目次
閉じる