MENU

少し憲法改正しよう|露ウクライナ侵攻

前回は「静かに攻める米国と日本の憲法改正論議」の話でした。

ロシア軍の侵攻は続き、首都キーウ郊外では激しい戦闘が続いています。

Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

ロシアに対して強い経済封鎖を続ける欧州・米国ですが、米報道官が「ロシアがウクライナで生物兵器を使用する可能性」に関して警戒を呼びかけています。

今まで「流石にそこまでやらないだろう」という期待を裏切り続け、「やってきた」プーチン大統領。

ロシア軍が、生物兵器を使用する可能性が高いと考えられます。

ボリス・ジョンソン英首相は徹底的にロシアを叩く姿勢を崩さず、独仏がロシアと英国の間に立って交渉している状況です。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

しかし、独仏による外交交渉は全く進展を見せておりません。

当初から掲げているプーチン露大統領の要求が「ウクライナには呑めない」条件ばかりで、交渉にならないからです。

ここで、日本では「今こそ改憲」と岸田首相が主張しています。

米国に敗北・占領された1945年直後「勝利した米国の都合で作成され、押し付けられた」憲法を一度も改正していない日本。

岸田文雄首相(Wikipedia)

同じ枢軸国として敗北したドイツは、戦後に63回憲法改正を行なっています。

中には微修正もあるでしょうが、敗戦国ドイツと比較しても、少しも憲法改正しない日本。

f:id:Yoshitaka77:20220312063334j:plain
Olaf Scholz独首相

国家である「君が代を歌うべきかどうか」という議論をする方もいて、西側諸国からみると「大丈夫か?日本は。」と思われてしまうでしょう。

「憲法改正」というと「9条改正」となりますが、9条改正は現実的に「可決のハードル」が高すぎて「事実上不可能」と思います。

「本来議論すべき9条改正」ですが、「まずは憲法を改正してみる」ことを実際にやってみるのが良いと思います。

野党も反論しようがなく「世界情勢を鑑みたら改正すべき」で「それほど論議とならない項目」を改正するのが最善だと思います。

なんでも「一気に難しいことに挑戦」すると出来ないことが多いです。

比較的易しい「少しの憲法改正」をぜひ実行して欲しい。

そして、「憲法改正とはなんなのか?」を日本政府のみならず、日本国民が体験すべきと考えます。

岸田首相にはぜひリーダーシップを持って、「まずは小さな憲法改正」を実施して欲しいと思います。

目次
閉じる