MENU

国家元首は自らのカラーを強く打ち出そう!2|政治

前回は「国家元首は自らのカラーを強く打ち出そう!1」の話でした。

ある国を考えた時、その国の雰囲気・土地柄・風景・食べ物・文化等思い浮かべます。

やはり、その国の人間には大きな興味が行きます。

「国を代表する人間」は、別に国家元首である必要はありません。

卓抜した能力を持つ文化人・サイエンティスト・芸術家・アスリートでも良いのです。

やはり「国の顔」は国家元首になるでしょう。

Joe Biden米大統領(Wikipedia)

アメリカを思い起こすと、どうしても今はバイデン大統領が思い起こされます。

少し前はトランプ大統領で、僕は個人的には結構好きです。

Donald Trump米前大統領

あの異常なまでの「トランプカラー」は、トランプ元大統領しかだせないものです。

何度かビジネスで失敗しても、復活しているのがすごいです。

あの尋常ならざるパワーは人を惹きつける力がありますね。

Emmanuel_Macron仏大統領(Wikipedia)

フランスは、マクロン大統領がやはり浮かびます。

他に現代を生きる人間で思いつくのは、自分の仕事や興味の分野で活躍している人がいます。

多くの場合、その方は他の分野の人は知らない可能性があります。

さて、「日本の顔」です。

TIME誌の「2021年の100人」に日本人からはNaomi Osaka・大谷翔平・隈研吾の3名が選ばれました。

Time100 : Kengo Kuma(Time)

それぞれの方、かなりの実力者で知名度も抜群。

嬉しいことですが、他の国は多くの首脳陣が選ばれているのに、日本はいません。

建築家の隈研吾氏が選ばれたことは、とても嬉しいことです。

隈研吾氏は、いまや世界中で指折りの売れっ子建築家で、「隈研吾ならでは」の建築を数多く世に送り出しています。

日本人建築家で、TIME100に選ばれたのは、隈氏が初めてではないでしょうか。

f:id:Yoshitaka77:20220107155405j:plain
安倍晋三元首相(Wikipedia)

一時は、Abe元首相が何度か出ていました。

Kishida首相には来年以降、ぜひ選出されるように世界中にKishidaとJapanをアピールして欲しいと思います。

岸田文雄首相(Wikipedia)

過去に3回以上選出された日本人はいません。

オバマ米元大統領は11回、ヒラリー元米国務長官は10回選出されています。

Kishida首相には、Kishidaカラーを猛烈に出して頂きたい。

そして、Time100等にどんどん選出されるようになると日本人としては嬉しい。

目次
閉じる