MENU

日本の規則と前例主義 3|国際社会と日本

前回は「日本の規則と前例主義  2」の話でした。

前回は問い合わせしたのに、「出来ません」の繰り返しの話でした。

「規則」があっても「状況を適正に判断」できれば、上役に確認するなり、なんらかの対応があって然るべきだと思います。

せめて一度電話を引きとって「上役に確認しましたが、規則上出来ません。」なら、まだ分かります。

でも、電話口で何も検討もせず「出来ません。出来ません。」では、話にならないのではないでしょうか。

f:id:Yoshitaka77:20211026171756j:plain

そもそも「問い合わせ口」の機能をなしていないのではないでしょうか。

なんのための「問い合わせ先」なのか、分かりません。

こんなことだったら、人間ではなくAIに任せた方が良いのではないでしょうか。

話し合いというのは、「拒否」したり「無視」したら、続きません。

第二次世界大戦末期に同時の鈴木貫太郎首相が、米英のポツダム宣言に対して「黙殺する」と言ったのと同じです。

日本語の微妙なニュアンスの「黙殺」は、諸外国に「無視」と外電で伝わります。

そして、原爆投下・ソ連の対日宣戦布告の格好の「大義名分」となってしまいます。

こういう意思疎通の基本ができないことも、日本人が「基本的にディベートが不得意」なことも原因なような気がします。

日本の問い合わせ窓口の方と話しているくらいなら、AIと話している方が遥かに良さそうです。

AIだったら「まあ、システムだから柔軟に考えられないかもしれないから、仕方ないか。」で終わるません。

実は、窓口の人間よりも、むしろいい解決方法を提案してくれるかもしれません。

ひょっとしたら、もういう仕事はAIの方が、良いかも知れません。

人間が対応しているなら「人間らしく」頭を使って欲しい。

そして、「どのように対応したら、困っている相手が、問題解決に至れるか?」を考えて欲しい。

外国も規則がたくさんあります。

日本のように「ダメなこと」だらけではないし、実際色々と連絡取ったりする過程で、なんらかの対応をしてくれることが多い。

欧米などだと、メールでなにか要望を伝えると、必ずほぼ即日返信が来て、なんらかの対処法を教えてくれる。

日本の場合、「対処法」が登場する「気配」すら感じられないです。

「規則」は大事だけれども、柔軟性あってこそ活きると思います。

この「前例主義」と「規則大好き」の日本という国家の社会。

これは、日本政府が先頭に立って「変えてゆく」姿勢を貫くべきです。

f:id:Yoshitaka77:20220311063528j:plain
岸田文雄首相(Wikipedia)

ジョンソン英首相が、ウクライナ議会に「外国首脳として初めて」ビデオ演説しました。

猛烈な勢いで、対ロシア包囲網構築に世界を駆け巡っているジョンソン英首相・トラス英外相。

f:id:Yoshitaka77:20220308061839j:plain
Elozabeth Truss英外相(Wikipedia)

ウクライナでの大量虐殺を前に、「西側の対応が遅すぎた」と認めました。

ジョンソン首相が「遅すぎた」ならば、日本の岸田首相は、どうなるのでしょうか。

世界各国は「未来を向いて」活動しているのに、「過去を向いて」前例がどうのこうの、とばかりの日本。

世界を見て、大きく変わることを願うばかりです。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる