MENU

外国にハッキリ主張しよう 5|国際政治

前回は「外国にハッキリ主張しよう 4」の話でした。

いつも大人しくて、「何を主張しているのかイマイチ分からない」日本の首相。

海外からは「本音を言わない日本人」と思われているのでしょう。

ロシアのウクライナ侵攻において、八面六臂の活躍をしているジョンソン英首相。

前を向いて「自分の言葉で」ハッキリと主張する姿は清々しいです。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

ロシアはついにジョンソン英首相らを「ロシア入国禁止」としました。

日本は「欧州・米国側」だけど、あまり強く主張しないで「なんとなく」という感じです。

トップは遠慮してはならないと思います。

「俺はこう思うんだ!」とはっきりと「前を向いて」発信していただき、国家を引っ張って欲しいと思います。

そして、何か提言を受けても自らの理念・考えに合わなければ、遠慮なく「ダメだ!」と突っぱねる。

英語は出来るのが望ましいですが、別に日本語でも良いと思います。

フランスの首脳は、英語も出来ますが、母国語のフランス語で堂々と話しています。

ちょっとした首脳同士の意思疎通を基本的な英語で通訳を介さずに「直接」出来るのは、良いことだとは思います。

重要なことは日本語で「相手・相手国に伝えたいこと」は堂々と、はっきりと伝えれば良いと思います。

f:id:Yoshitaka77:20220311063528j:plain
岸田文雄首相(Wikipedia)

その際は、「遺憾」みたいな分かりにくい言葉ではなく、中学生でも分かる日本語で、通訳の方が「訳し易い」言葉を選んで欲しいと思います。

世界で日本語は「多くの人が話す言葉ではない」ですが、なんだかんだいっても1億以上の人間が話す歴史ある言語です。

ロシアによるウクライナ侵攻が、現実に起きてしまい、数多くのウクライナ人・ロシア人が亡くなっています。

日本もまた「ロシアの数多くの隣国の一つ」であることを忘れてはならないでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

「フィンランドがNATO加盟申請へ」に対して、ロシアは公然と反論し、フィンランド国境にロシア軍を向かわせました。

フィンランドは今、戦々恐々の状況です。

こうした混迷の時代において、岸田総理には「ハッキリと遠慮せずに堂々と日本語で伝える」姿勢をもっと明確に打ち出して欲しい。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる