MENU

日本人とノーベル賞 1〜日本の科学力の行方を考えよう〜|教育問題

前回は「自分の国の母国語:日本語に大いなる自信持とう! 」の話でした。

今回はノーベル賞の話です。

今年、真鍋淑郎さんがノーベル物理学賞を受賞され、大変喜ばしいことです。

真鍋氏が記者会見を行った際、「日本に戻りたくない理由」を挙げています。

下記のAERAのサイトで「核心をついている」と表現しています。

本記者会見で、真鍋氏はアメリカ国籍に変えた質問に対して、答えています。

「日本に帰りたくない」とハッキリ言っており、日本語の「はい」「いいえ」などで日本は「調和を求める社会」と表現しています。

これも本質的なことですが、最も重要なのは1997年に、彼が日本に一時的に帰国した時の出来事です。

真鍋氏が、あるプロジェクトのリーダーを務めた際に、研究予算に関して所管の科学技術庁の官僚から難色を示されました。

それに対して、憤慨した真鍋氏は「辞任して、米国へ戻った」のでした。

真鍋氏は今年90歳。

1997年の時は66歳であり、すでにノーベル賞を受賞するだけの大きな功績を持っていました。

すでに彼は、その業界では世界中で、かなりの実績と評価を受けていたはずです。

会見内で「米国では欲しいコンピューターの予算を上司が確保してくれて、自由にやらせてくれた」ことを言っています。

f:id:Yoshitaka77:20211015113202j:plain
真鍋淑郎氏(2021年ノーベル賞受賞者)(朝日新聞社)

1997年当時、科学技術庁の幹部は、真鍋氏のチームに必要なコンピューター等の予算に対して否定的な姿勢を示しました。

おそらく科学技術庁の幹部は、内容も重要性も「理解ができない」ので難色を示したのでしょう。

それに対して、おそらく真鍋氏も説明に務めたでしょう。

しかし、相手が重要性もわからず、理解しようとする姿勢もなかったのでしょう。

それで、研究者として長年の実績を持つ自分のプライドが傷つき、「嫌になって辞任した」に違いない。

「挑戦すること」に対する、米国と日本の文化の大きな文化の違いが最も大きな理由です。

それだけに留まらず、この事実は「科学立国としての日本」の根幹を揺るがす、非常に重大な問題だと考えます。

前例主義ばかりが先行する日本。

基礎科学は「基礎」ですが、非常に難解で、その道のプロでなければ全く理解できません。

それに人生をかけて取り組む科学者の精神を理解しなかった、理解しようとすらしなかった科学技術庁の幹部。

こういう政府の姿勢が、バブル崩壊以降、遅れに遅れている日本のイノベーションの最も大きな問題点であると考えます。

目次
閉じる