MENU

自分の国の母国語:日本語に大いなる自信持とう! |教育問題

前回は「まずは自国の歴史をきちんと理解して、世界と日本を考えよう! 」でした。

今回は日本語の話です。

今年長男が小学校に入学し、ひらがな・カタカナ・漢字を勉強しているのを横で見て、教えたりしています。

基礎力は大事なので、これは練習するしかないでしょう。

子供なりに苦戦しているのを横目に見ていると、「日本語は大変だ」というのと、「効率は良くないかもしれない」ということを強く感じます。

もともと日本語は世界的に見ても、「習得が難しい言語」に位置しますが、自分が英語を勉強する時に、「日本語はどうか?」ということは、あまり考えたことはありません。

改めて日本語に関して、考えてみましょう。

ひらがな、カタカタ共に50種類、漢字は常用漢字だけで1945種類あり、小学校一年生で80種類種類学びます。

毎日のドリル「かん字」学研

対するアルファベットは26種類です。

単純な合算はあまり意味がないかもしれませんが、小学校一年生で学ぶ字の種類は50+50+80=180種類になります。

これはアルファベット26種類の6倍以上になります。

学ぶ子どもたちは、大変です。

小学校の英語教育が始まり、塾やテキストなどで「小学校から英検を」みたいな風潮になっています。

英検2級をもっている小学生も珍しくはないようです。

この英語教育に関しては2020年に正式に必修化されてまだ間もないので、これから効果が出ます。

これで「日本人全体が英語をもう少し話せるようになればいいな」とは思います。

しかし、もっと大事なことがあります。

それは、母国語の日本語に「適切な誇りを持つこと」だと思います。

明治維新の際、日本は急激な「西欧化」を図りましたが、その際「日本語を廃止して、英語を母国語にしよう」ということが真剣に検討されたようです。

今となっては信じられないことですが、「西欧を学ぶには英語を習得することが一番だ」と考えたようです。

英語に比べ、難解な日本語をきちんと理解できていることに誇りを持ってみませんか。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる