MENU

日本とは異なる欧米における「ルール」 1|社会問題

前回は「日本の規則と前例主義 3」の話でした。

今回は、欧米における「ルール」の話です。

以前、ヨーロッパのある賞に応募した時のことです。

もちろん締め切りがあるのですが、準備の関係で「締め切り最終日」の提出を考えていました。

世界中から応募が集まる賞なので、この締め切りには日付と同時に、「ロンドン時間の〜時」と明記されています。

「GMT=グリニッジ標準時」です。

時差の関係で、ヨーロッパよりも日本の方が時間が先に進みます。

そのため、日本時間で「締め切り日」の夕方までに提出すれば大丈夫なので、その予定でした。

準備万端で「さあ提出!」と提出のwebsiteに行くと、”closed”になっています。

「あれ?おかしいな?」と色々と試してみましたが、ダメです。全然応募できません。

「しまった。やはりギリギリに応募しようと思ったのが、そもそも間違いだったのかな。」とガッカリしました。

折角一生懸命に応募資料も整えたのに、残念です。

ロンドン(新地球紀行)

再度、締め切り日の記載されたページをじっくり読んでみます。

やはり僕は間違ってなさそうです。

「おかしいな。」と思って、パソコンの前でしばらく画面を見つめて悩みます。

しかし。悩んでいても仕方ないので「一応、問い合わせ先にメールで聞いてみよう。」と考えました。

欧米のサイトは、ほぼ全てに問い合わせ先のメールアドレスが明記されています。

そして、問い合わせのメールに”Dear・・・・・・”と丁寧なメールを送ってみました。

「どうせ『締め切りました』で終わり」かな、と思いました。

あるいは、「メールの返信は、来ないのではないだろうか」と。

いずれにしても、なかなかこういうことは聞きにくいものです。

特に日本人的発想では、「締め切ってしまいましたか?」とは聞きにくいものです。

でも、ダメもとで意を決してメールを打ってみました。

こういう時に、電話では聞きにくいですが、すぐに文章できちんと尋ねることが出来、メールは便利です。

いまだにFAXが、実社会の大部分で使われている日本。

海外、特に先進国では、FAXからメールにほぼ完全に移行しています。

手間も管理もしにくいFAXが幅をきかせ、規制や前例主義ばかりの日本社会。

日本は、世界からどんどん遅れをとってしまうと思います。

目次
閉じる