MENU

上は向かなくても前を向いて、ハッキリと相手に意思を伝えよう! 1|政治

前回は「国家元首は自らのカラーを強く打ち出そう!3」の話でした。

ここで、国家元首たる我が国の首相には、是非とも「独自カラーを出して欲しい」ことを書きました。

f:id:Yoshitaka77:20211021103902j:plain

今回は、政治家や官僚の方々の会見などにおける、「話し方」の話です。

「上を向〜いて 歩こ〜う」日本人なら誰でも知っている、坂本九さんの「上を向いて歩こう」です。

海外では「Sukiyaki」という名前ですが、一定の知名度があります。

大抵の日本人はこの歌が好きです。

f:id:Yoshitaka77:20220105163927j:plain

ところで、日本の政治家や官僚が会見するときに、暗澹たる気持ちになるのは僕だけでしょうか。

いつも下を向いています。

ず〜っと下を向いて、用意された原稿を読んで、時々上を向いてまたず〜っと下向いて原稿読みます。

終わる頃に、ようやく顔をあげて「〜です。」みたいに終わります。

f:id:Yoshitaka77:20211021102120j:plain

オリンピックの時の橋本元大臣も、いつも下向いていた印象です。

官僚の方は、あまり表にでる立場でもないので、下を向くことが多くても良いと思います。

でも、「なんらかのメッセージを発すること」は政治家の大事な仕事の一つだと思います。

政治家の皆様には、ぜひ上は向かなくてもいいですから、前を向いて欲しいと思います。

今コロナ禍で、日本の政治家はマスクをつけていることが多いですが、海外の政治家はほとんど付けていないです。

これは文化や風習の違いもあると思うのですが、会見している時は距離もあるしマスクは要らないように思います。

どうしても「感染予防を!」というならば、あの透明アクリルでガードした方がよほど見栄えが良いと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる