MENU

様々な申請手続きをシンプルにして、審査期間を短くしよう②|社会問題

前回は「様々な申請手続きをシンプルにして、審査期間を短くしよう①」の話でした。

保険契約の手続きの書類を送りました。

銀行引き落としの確認の電話連絡が来たので、後は証書を待つのみ。

毎日ポストをみて、「早く証書が来ないかな。」と待ち望んでいました。

でも、「来ない」のです・・・・・。

10月から加入で、1週間経過したので、「これはなんらかの問題か、ミスかな?」と思いました。

保険会社に電話で確認したら、「申し訳ありません。証書をお送りするのはもう少し先です。」とのこと。

「ならば、ネットの福利厚生サービスを社員に使って欲しいので、弊社の番号を教えて欲しい。」と要望すると、「他の部署の管轄で、まだ番号が決まっていません。」とのこと。

「そうですか・・・・・」と答えます。

ガッカリして、電話を切ったのです・・・・・。

f:id:Yoshitaka77:20211024074904j:plain

1週間後くらいに、担当者から「番号決まりました!」と電話で番号を教えてくれたのですが、証書が届いたのは、10月20日。

「初月無料」ならば、全然OKです。

「福利厚生サービスも含んだ」契約で、「すでに金額が発生している」のに「サービスが使えない」事態。

これは、おかしいのではないでしょうか。

担当者は気を利かせてくれたみたいですが、それとて半月経過後です。

なぜ「契約したサービスが使用できないのに、お金は取られるのだろう。」と思います。

保険手続きは、こちらの会社が「どういう会社か」「まともな会社か」などの審査もあるでしょう。

それは、事前に担当者が弊社を訪れて、会社の様子を見て、代表者である私と直接会って確認済みです。

さらには、そういう調査は与信調査会社を当たれば、すぐに情報は出てくるはずです。

なんでも長い我が国の「手続き期間」。

国が「デジタル化」を本気で進めるならば、こういう手続き期間は、もう少しなんとか短くして欲しいです。

「デジタル化」でコンピューターに任せる業務が増えたなら、人間の方は「対案を出す」とか「対応策を取る」などを、もっとやって欲しい。

ひょっとすると、消極的で「あまり考えない」人間よりはAIの方が「マシな対応」を取れるのかも知れない。

「人間ならでは」のことを、積極的にやってくれる世の中になって欲しいと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる