MENU

日本とは異なる欧米における「ルール」 2|社会問題

前回は「日本とは異なる欧米における『ルール』 1」の話でした。

ダメもとで、英国の問い合わせ窓口にメールを送りました。

こういう問い合わせメールは、日本では即日返信が少なく、大抵翌日以降です。

メールを送信したと言っても、こちらの昼間なのでヨーロッパはまだ夜中です。

すぐに返信があるはずがなく「まあ、明日くらいには何らかの回答があるだろう。」と思ってました。

しばらくすると、予想外に早く、担当者のPさんから返事が来ました。

Pさんからは

まだ締め切りではないから、
それはおかしいな。
なにか間違えてない?

そこで、僕は画面のキャプチャー写真を添付して、と返信しました。

いや”closed”なんだ。
添付画像確認下さい。

またすぐに返信が来ました。

メールなのですが、ほとんどチャットしているような感じです。

Pさんから、また返信がすぐ来ました。

これはおかしい。システム故障だな。
よし、すぐに対処するから安心してくれ。
応募期限を延長するなど対処するから。

ロンドン(新地球紀行)

嬉しくなった僕は、返信します。

Thank you!

僕は思いました。

担当者のPさんは、ヨーロッパではなく、
アジアなど、今が昼の方かな?

そしたら、Pさんから、またすぐ返信ありました。

No Problem.任せてくれ。
しかし、済まないが今Londonは午前6時前なんだ。
システムのリカバリーは少し待ってくれ。

えっ?6時前?
Pさんは今どこで、僕の対応しているのだろう?

僕は不思議に思いました。

Pさんからの返信が続きます。

実は、私は今自宅なんだ。
出社したら、すぐに対応するよ。

Pさんは、なんと会社のメールを自分のスマホか何かに転送していました。

そして、「自宅から」僕のメールに対応してくれていたのでした。

これは日本では、ほとんど考えられないことです。

業務時間外で担当者が「会社外部で」「メールなどに対応する」というのは、余程の非常時以外は絶対に考えられません。

早朝の6時前で、起きている人は少ないでしょう。

6時前に起きていたのは、Pさんのポリシーでしょう。

それでも「会社への問合せの転送メール」を読んで、さらに返信・対応するという姿勢。

これは、彼が担当者として、しっかりと責任感持ってやっているからでしょう。

助成金申請にしても、ハンコにしても、どうでも良いことに膨大な時間がかかり、対応が遅い日本。

今回は英国でしたが、日本と欧米の差は非常に大きく、埋め難い差があります。

目次
閉じる