MENU

分かりやすい言葉で伝えよう〜「遺憾」は使わないようにしよう〜2|政治

前回は「分かりやすい言葉で伝えよう〜「遺憾」は使わないようにしよう〜1」の話でした。

日常会話では使用しない「遺憾」という言葉を調べてみました。

「遺憾=期待したようにならず、心残りであること。残念に思うこと。」とのことです。

「不愉快という気持ち」は入ってないようです。

「残念」という気持ちが主体のようです。

ならば、「北朝鮮にミサイルを撃ち込まれたことは『心残りで、残念』です。」と日本政府が「正式に」発表していることになります。

他国からミサイル撃ち込まれて「残念です」「心残りです」と連呼しています。

こんな間抜けなことを「正式に」「何度も」発表する政府は、世界中で他にあるのでしょうか。

f:id:Yoshitaka77:20211023080106j:plain

一般的な日本人が「よく分からない」し、少なくとも「日常会話では使用しない」言葉を使って、海外に発表するのは、絶対に避けるべきです。

海外に「日本語で」発表するということは、その日本語が何者かによって英語なり中国語なりに翻訳されて、他の国に伝わります。

世の中には語学的才能が抜群の人がいて、何ヶ国語も操れる方もたくさんいます。

あるいは翻訳の方も、大変な能力と努力をしていると思います。

しかし、彼ら彼女らは、基本的には母国語があります。

そして、それ以外は「外国語」でしかなく、「外国語」は自分たちの文化で理解するしかないと思います。

その文化において、「残念」「心残り」という「訳された言葉」が判断されることになります。

文化にもよりますが、基本的に「残念」という意味は、「自分は一生懸命努力していたのに、上手く行かなかった」です。

あるいは「相手に対して何らかの「期待」をしていたのに、裏切られた」などの意味でしょう。

ならば、北朝鮮のミサイルに対して「遺憾です」というのは、「北朝鮮に対して、様々努力して上手く付き合おうとしたのに、上手く行かなくて残念」などの意味になるのでしょうか。

もし、会社員なら周りの同僚が、学生なら周りの友人が「残念」「残念」と言っていたら、どのように感じるでしょう。

ちょっと「不気味」ではないでしょうか。

むしろ、「上手く行かなかった、今度こそなんとか頑張って上手くゆかせてやる!」とか「相手が予定外の外れた手段を使って、仕事を取られた。非常に不愉快だ」という方が分かりやすいと思います。

「残念」では「そうですね。」としか応対の仕様がなく、対話が続かないのではないでしょうか。

目次
閉じる