MENU

ロシアの混乱|露ウクライナ侵攻

前回は「中国の動き」の話でした。

中国に対して、米国が公式に警告を発していたものの、中国はロシアへの武器を含む支援を実施する方向です。

Xi Jinping国家主席(Wikipedia)

欧州とロシアの間の板挟みにあった中国。

習近平国家主席は、「欧州よりも、やはり苦境にあるロシア」とロシアを選びました。

その中、停戦協議は中断し、ウクライナ・ウクライナ国民の被害は増すばかりです。

米FOXニュースのカメラマンが乗車中に銃撃されて死亡する事態も起きています。

当初の想定が大きく崩れたプーチン露大統領は、ロシア国内の言論統制を強めています。

「プーチン露大統領支持率が上昇」の報道もありますが、何がどこまで真実なのかは全く不明な状況が続きます。

Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)
f:id:Yoshitaka77:20220315061249j:plain

ロシア国営テレビの生放送中、テレビ局関係者の女性が反戦プラカードを掲げました。

言論封鎖されているロシアでは犯罪に当たり、ロシアの裁判所は、この女性に3万ルーブルの罰金刑を課すことを決定しています。

非常に早い決定で、「罰することで、このような事態がこれ以上生じるのを防ぐ」ロシアの意思が強く表れています。

ロシア国内でも反戦ムードが確実に増加していることが分かります。

苦境に陥り、混乱するロシア国内を維持するために、プーチン露大統領がさらに強く出てくる可能性が高くなっています。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

ロシアはテレビなどのメディアで、「ウクライナが米国の支援を受けて生物兵器を開発」などの情報を流し、国民をロシア政府の意向に沿わせようとしています。

予想されていたとはいえ、中国が明確にロシア側についた今、欧州・米国vsロシア・中国という構図が鮮明になりました。

非常に難しい状況ですが、逆にこの構図が明確になった今、双方が「これ以上拡大したら、本当に第三次世界大戦になってしまう」ことを意識するに至りました。

水面下での協議がどうなっているかは不明ですが、英独仏首脳のリーダーシップに期待して、停戦へ向かうことを願うしかないと考えます。

日本は・・・・・というと夏の参院選の話などばかりで、欧州・米国に追従する話しかニュースになりません。

「北方領土」でロシアとの関係がある程度ある日本。

20世紀初頭にロシアと日露戦争を戦い、辛勝した日本。

第二次世界大戦では末期に不可侵条約を一方的に破棄されます。

そして、ソ連軍に満州に一方的に攻め込まれ、多数の日本人が殺害・強制連行され、一方的に領土を取られた日本。

ここでなんらかの明白な動きをしなければ、世界中から「何をしても、日本は黙っている」と思われてしまうと考えます。

目次
閉じる