MENU

英国の信念|露ウクライナ侵攻

前回は「ロシアの要求」の話でした。

強気姿勢を一切崩さないロシアのプーチン露大統領。

ウクライナ首都キーウ付近で砲撃を続け、多数の一般市民が犠牲になっています。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

当初、ウクライナ侵攻を短期決戦と考えていたと思われるロシア軍は、想定外の時間がかかり、遂に「国境に配備していた全軍を投入した」と米国が分析しています

ロシアとウクライナの間で停戦交渉が続けられていますが、大きな成果が出ません。

ロシアの「大前提とする要求」がウクライナにとって「呑めない要求」ばかりなので、進みようがありません。

強気のプーチン露大統領に対して、欧州で最も強気の姿勢を崩さないボリス・ジョンソン英首相。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

英国は「更なる一手」を出しました。

ロシアを念頭に置いた不正資金を取り締まる新法を導入したのです。

f:id:Yoshitaka77:20220307063315j:plain

「絶対に妥協はしない!」という英国の強い姿勢がよく分かります。

英国のリズ・トラス外相はバルト三国を訪れ、「プーチンはウクライナで必ず倒す」と声明を発表しました。

Elozabeth Truss英外相(Wikipedia)

最初に動画を見た時、「かっこいいな」と思いました。

英国女性の毅然とした姿勢が明確に打ち出されています。

日本人の感覚では「凄い事言うな」と思いますが、表立ってここまで主張するのは本当に立派だと思います。

上記リンクには駐英大使館の「字幕付き動画」もありますので、ぜひご覧ください。

まるで欧州・米国が英国に引っ張られている感じすら受ける「英国の強い信念」と強い指導力は卓越しています。

対して、我が日本は・・・・・というと、心細い限りです。

日本政府の首脳で、ここまで言う方はいないでしょう。

「欧州・米国側なのか、ロシア側なのか、どちらなのか」はより旗幟を鮮明にする必要があると思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる