MENU

ロシアの要求|露ウクライナ侵攻

前回は「一時停戦」の話でした。

ロシアは強気姿勢を一切崩さず、「ロシアの要求を満たした場合のみ、戦闘停止」と主張しています。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

しかしロシアの要求は、ウクライナにとっては「到底呑めない」要求ばかりで、交渉は非常に難航しています。

逃げ惑うウクライナ市民の写真がBBCで公表され、非常に危機的状況が続いています。

ウクライナ軍が必死の抵抗続けるも、ロシアは着実に占領地域を広げています。

特に以前支配した南部クリミア半島からの占領地拡大が目立ちます。

f:id:Yoshitaka77:20220307063315j:plain

キーウで必死に抵抗を呼びかけるゼレンスキーウクライナ大統領を支援する動きは世界中で広がっていますが、プーチン大統領に対して手を出しにくい状況です。

f:id:Yoshitaka77:20220221063049j:plain
Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

プーチン大統領は「制裁は宣戦布告と同様」と主張しています。

欧州・米国は制裁を強めますが、「宣戦布告だ」と言われては、さらに戦争が広がるばかりです。

ボリス・ジョンソン英首相もまた、強気の姿勢を崩していません。

ロシアの要求は非常に高く、また「制裁は宣戦布告」というプーチン大統領の姿勢に、有力な手はなかなかない状況です。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

日本政府としてもまた、打つ手がない状況です。

経済への甚大な影響も示唆されてますが、「もはや経済どころではない」ほどの危機に各国首脳が直面しています。

平和な日本人にとっては、想像もしていなかった緊急非常事態となり、非常に困難な状況が続いています。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる