MENU

切り札出したロシア|露ウクライナ侵攻

前回は「切り札出した欧州」の話でした。

案の定、「ならば!」とプーチン露大統領も切り札を出してきました。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

「お前(欧州・米国)達が、そこまでやるなら、核兵器使うぞ!」と出てきたのです。

これは世界・地球にとって、非常に、というか究極的に大変な状況ですが、西側諸国も予想していたでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20220221063355j:plain

きっかけは、前回ご紹介した「ロシアのSWIFTからの排除」ですが、ロイターの説明が非常に分かりやすいです。

近隣のイスラエルも「さすがに、これはなんとかしなければ」と、ベネット首相自ら和平仲介申し出ましたが、うまくいっていません。

ここにきて、やっとウクライナ・ロシア両国間の和平交渉開催が決定しました。

お互い早期に切り札を出した欧州・米国とロシア。

ロシアの背後には中国がいますが、間接支援に回っています。

f:id:Yoshitaka77:20220102054112j:plain
習近平中国国家首席(左)とプーチン露大統領(右)(Wikipedia)

冷戦時から経済規模等において、大きく世界的地位が後退したとも言えるロシア。

しかし、一国で欧州・米国と対峙するのが、すごいというか怖いところです。

それもまた「核の力」とも言えます。

考えたくはないですが、プーチン露大統領の「異常な強気姿勢」から戦術核等の使用は考えられ、双方の具体的早期調停が本気で望まれます。

Joe Biden米大統領(Wikipedia)

米国は少し静かですが、ここにきて大国としてのパワーを発揮して欲しいと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる