MENU

電柱を減らして、景観をよく考えよう!|都市問題

前回は「上は向かなくても前を向いて、ハッキリと相手に意思を伝えよう! 3」でした。

今回は電柱の話です。

日本は、欧米と比べると昔から電柱が多いです。

これは戦後高度成長期に、電線を埋設するのと電柱による配電とのコストを比較した時に、電柱の方がはるかに安価であったことから電柱がどんどん立ちました。

2000年ごろから「電柱は減らそう」という雰囲気になってきましたが、どうなっているのでしょうか。

f:id:Yoshitaka77:20220202140954j:plain
東京(新世界紀行)

実態は増えているのです!

電柱本数の推移(国土交通省)

あらめて見ると衝撃的です。

「減らす」どころか増えているのです。

それも、年間7万本です。

f:id:Yoshitaka77:20220202141023j:plain
パリ(新世界紀行)

電柱が林立しているのをみると「日本は後進国なのではないか?」とすら思ってしまいます。

まず、醜いです。

電柱だけでも十分醜いのに、それに大きなトランスが乗っかっています。

更に黒くて太い電線が縦横無尽に張り巡らされているのをみると、なんとも嫌な気持ちになってしまいます。

電線・電柱のない場所も一部ありますが、大抵はあります。

写真を撮った時、電柱が映らなくて電線だけであっても、残念な気持ちになります。

f:id:Yoshitaka77:20220202141721j:plain
京都(新世界紀行)

地震の際に、電柱だけでも倒れてきたら危険だと思いますが、上に乗っているトランスみたいな物体が落ちてきたら、大変なことになります。

「醜すぎて」「危険すぎる」と思うのです。

「景観を美しくする」まで行かなくても、「身の回りの街を考えて、景観と防災を考える」ことは大事なことだと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる