MENU

リメンバー パール・ハーバー 3〜山本五十六が考えた非常手段〜|歴史

前回は「リメンバー パール・ハーバー 2〜山本五十六の執念〜」の話でした。

軍令部が同意しなければ、「作戦実行部隊」に過ぎない連合艦隊はハワイ奇襲攻撃を実施することは、許されません。

連合艦隊の作戦行動の戦略権限は軍令部が握っていたのです。

具体的な作戦に関して、連合艦隊司令長官として山本が持つ権限は、戦術的権限に限定されていました。

f:id:Yoshitaka77:20211201115525j:plain
山本五十六(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本戦記シリーズNo.61 新人物往来社)

米国と断絶・戦争となった時には、米国に大きく依存していた軍需物資の確保が喫緊の課題です。

なかでも、ほとんど「米国に頼っており、内地(日本本土)でほとんど産出しない原油」の確保は最優先です。

f:id:Yoshitaka77:20211201125414j:plain
世界の原油生産量 1940年(歴史人2021年8月号 ABCアーク)

軍令部は絶対反対し、常識的な戦略を連合艦隊に指示します。

ハワイ奇襲攻撃なんて無茶なこと言わないでくれ!
南方を攻撃・占領して、早く原油を確保してくれ!

f:id:Yoshitaka77:20211201121421j:plain
伊藤整一(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本戦記シリーズNo.61 新人物往来社)

しかし、山本五十六長官にとっては原油の確保よりも、「米海軍といかに戦うか」の方が遥かに重大な問題です。

もはや米海軍と戦う術に比べたら、

原油は大事だが、強敵米国を倒すことに比べれば、
後回しだ!

くらいの気持ちだったでしょう。

山本には、信念がありました。

危険なことは百も承知だ。
しかし、これをしなければ米海軍には
絶対に勝つことは絶対にできない!

しかし、軍令部の永野総長も伊藤次長も絶対に同意しません。

こんな危険な案は、
絶対認められない!

虎の子の日本海軍の空母を緒戦で沈没させるようなことになっては、
それこそ取り返しのつかない事態となる。

f:id:Yoshitaka77:20211201120805j:plain
永野修身(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本戦記シリーズNo.61 新人物往来社)

米国であれば、海軍長官が最終決定権を持っていますから、海軍長官が決定するか、大統領自ら乗り出してきて、事態を収集したでしょう。

しかし、日本は、曖昧に権限が分散していました。

作戦の権限権者=軍令部総長、人事の決定権者=海軍大臣、作戦実施の決定権者=連合艦隊司令長官という形。

最前線で、米海軍と実際に
戦うのは私なのだ。

山本長官は、自らの信念を貫くことを考えます。

f:id:Yoshitaka77:20211210132225j:plain
及川古志郎 海軍大臣(Wikipedeia)

通常の手段では、ハワイ奇襲攻撃の
了承を得ることは不可能だな。

悟った山本長官は、遂に奥の手を考えます。

その「奥の手」は組織、とりわけ軍においては「禁じ手」とも言える事でした。

この手しかないが、
これを使って良いものか。

山本長官は懊悩し、悩みに悩みます。

悩み抜いた挙句、山本五十六は米国と対峙するため、あえて「禁じ手」を使う事を決意します。

f:id:Yoshitaka77:20211207132600j:plain
山本五十六(連合艦隊司令長官 別冊歴史読本戦記シリーズNo.61 新人物往来社)

意を決した山本長官。

海軍省及び軍令部幹部に伝えました。

ハワイ奇襲攻撃を了承頂けないなら、
私は連合艦隊司令長官を辞任します。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる