MENU

世界情勢と日本の立場|国際政治

前回は「上は向かなくても前を向いて、ハッキリと相手に意思を伝えよう! 3」の話でした。

最近、ウクライナの緊迫度が非常に高まっています。

ロシアとNATO・ヨーロッパ・米国の思惑のすれ違いが原因ですが、さすがにロシアも強引すぎるように感じます。

各国のメディアなどを見ていると、どうも日本は「蚊帳の外」に置かれている感じがします。

もっとはっきり言えば、「どうでも良い存在」というか。

これは、日本人としては非常に悲しいことなのですが、「武力も大した影響力もない国は引っ込んでいろ!」ということなのでしょうか。

昔、日本が世界第2位の経済規模を持っていた頃は、世界各国からATMのごとく扱われていました。

もう30年前になりますが、湾岸戦争の際には1兆円を拠出したのに、クエートが米国誌に「感謝広告」を出したときには、我が日本の名前はないという事態もありました。

f:id:Yoshitaka77:20211224101355j:plain
大日本帝国の敗戦時の領土(第二次世界大戦全史 洋泉社MOOK)

第二次世界大戦時には大日本帝国であった日本は、海外侵略を続けて、アジア・太平洋に広大な領土を持っていましたが、主に米国に敗戦して、大きく領土を削られました。

そして、「平和憲法」なるものを米国に押し付けられて、自衛隊は「軍ではない」武装集団という位置づけとなりました。

コロナで世界中大変な状況の中、起こり得るロシアの侵略行為。

この際、日本は改めて世界における自国の立ち位置をよく考えて、自衛隊や軍事力行使に関して、本気で向き合う時期に来ていると思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる