MENU

日本の行方|露ウクライナ侵攻

前回は「欧米の次なる手」の話でした。

欧州とロシアの対立は深まる一方で、応酬の連鎖となっています。

兼ねてから、ロシアに対して最も強硬な姿勢を貫く英国。

トラス英外相は、「ロシアをウクライナ全土から押し出すべき」と目標を明確に主張しました。

西側:欧米のスタンスを明確にしたことは、非常に意義深いと考えます。

f:id:Yoshitaka77:20220308061839j:plain
Elozabeth Truss英外相(Wikipedia)

英国が「戦車供与」をするほど「ウクライナ支援」を明確に打ち出し、世界中を反ロシアに導く姿勢を続ける中、ロシアは苦しい状況です。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

ロシアに出来ることは、「軍事侵攻強化」と「エネルギー供給停止」しかありません。

実態としては追い詰められつつあるロシア。

プーチン大統領は、さらに強気姿勢を強化しています。

「他国が介入ならば『電光石火の対応』する」と警告しました。

この「電光石火の対応」には「核兵器使用を含む」のです。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

プーチン大統領がこう主張することは、米英共に「想定していた」でしょう。

英国がロシアに「もう良い加減に、停戦・即時撤退して下さい」と主張して、経済封鎖のみならず武器供与にまで踏み切った中、プーチン大統領は拒否している状況。

歴史的にみても、ロシアは「折れなさい」と言われて、「はい。分かりました。」と言うことは「考えていない」国です。

双方、どうにもならない状況の中、ウクライナでは多くの方が、非常に悲惨な状況が続いています。

f:id:Yoshitaka77:20220311063528j:plain
岸田文雄首相(Wikipedia)

そして、我が国日本。

円安が続く中、ついに「20年ぶりに1ドル130円台」となりました。 

ひたすら「金融緩和します」としか言わない日銀総裁・幹部の方々。

ドルが金利アップの方向の中、金融緩和では「円安が進むしかない」のです。

日本は、昔から「責任者が不明確」で「失敗しても責任を取らない・取らせない」文化が強いです。

これは欧米とは真逆の発想です。

日本の非常時とも言える今、日本経済の舵を取る方々には「責任者である意識」を非常に強く持って頂きたい。

そして、上手く行かなかった時は「責任を取る」という姿勢を打ち出して欲しい。

このまま、ズルズル円安が進めば、日本はどんどん落ちてゆく一方になるのではないでしょうか。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる