MENU

AUKUSと日本|露ウクライナ侵攻

前回は「NATO拡大」の話でした。

久しぶりに会見したプーチン大統領。

「目的達成まで、侵攻継続」と主張し、強行姿勢を全く崩しません。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

ロシア軍が生物化学兵器を使用した可能性も既に指摘され、ウクライナの状況は日々悪化する一方です。

f:id:Yoshitaka77:20220221063049j:plain
Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

バイデン大統領は、ロシアの行為を「ジェノサイド(集団虐殺)」と明言しました。

ジョンソン英首相らのロシア包囲網は確実に・着実に大きな効果を挙げていますが、ロシアも大国であり、ベラルーシなどの同盟国が支えている状況です。

と言っても、欧州・米国などの西側が一体となって経済封鎖すれば「ロシア経済が持ちこたえることは不可能」です。

その中、どのように交渉を続けてゆくか、を双方睨み合っている状況です。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

フィンランド・スウェーデンがNATO正式加盟する方針が明らかとなり、軍事的な関わりが米国はじめとするいくつかの国との二国間協定中心の日本。

NATOは猛烈な勢いで拡大を続け、米国もバックにいる中、世界の中心的軍事同盟となっています。

f:id:Yoshitaka77:20220413062920j:plain

この中、「米英豪が日本にAUKUS加入打診か」の報道がされました。

しかし、これに対して日本政府は否定しています。

実態は不明ですが、水面下でなんらかの協議がされていて、「日本政府としてはまだ公に出来ない」のでしょう。

これは非常に良い方向で、ぜひ日本はAUKUSに加入すべきと考えます。

革新性は米国に大きく劣るものの、日本の技術はまだ世界有数であり、英豪よりは上です。

また、地政学的に米英豪に日本が加わると、太平洋を周囲からがっしり固めることになり、その意義は非常に大きいでしょう。

f:id:Yoshitaka77:20220311063528j:plain
岸田文雄首相(Wikipedia)

日本が加入した場合「JAUKUS?」話もありますが、Jが最初に来るのは大変光栄です。

流石になさそうですが、「後から参加した日本を持ち上げる」ためにも、そうなるかもしれません。

また、英語の音を考えると、これしかなさそうです。

「慎重に検討」の意見もあるようですが、(軍事)同盟を「慎重に検討」するのは当然です。

そして、いつも日本は「慎重に」検討しすぎです。

ぜひ岸田首相にはリーダーシップ持って、早々にAUKUSへ参加を決断し、日本政府を引っ張って欲しいと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる