MENU

露軍増派|露ウクライナ侵攻

前回は「欧州結束」の話でした。

「和平交渉」どころではなく、キーウ周辺のブチャなどでは、ロシア軍による「大量の無差別殺人の証拠」が見つかっています。

400人以上もの遺体が発見されるという、「痛ましい」という次元を超えた状況です。

先日の「交渉進展の兆し」はなんだったのか、と思うほどの悲惨な状況です。

米グラミー賞授賞式でも、「ウクライナへの支援」を訴えたゼレンスキー大統領。

f:id:Yoshitaka77:20220221063049j:plain
Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

和平交渉において、軍事作戦の大幅縮小を提示したロシアですが、逆に軍を増派している状況です。

リズ・トラス英外相は「ロシアの戦争犯罪は極めて明白」と非常に強い姿勢であり、バイデン米大統領はプーチン大統領を「戦争犯罪者」と呼んでいます。

f:id:Yoshitaka77:20220308061839j:plain
Elozabeth Truss英外相(Wikipedia)

「なんと言われても構わない」と思っているプーチン露大統領。

Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

後方支援に回っている米国は、さらに一歩踏み込んだ「退路追加制裁」を週内に発表します。

米国の言う「戦争犯罪者プーチン大統領とロシア」に対して、どこまで強硬な制裁に出るかが注目です。

ウクライナへの軍事支援も増強する見込みです。

結束した欧州で最も強硬姿勢の英国。

そして、強硬なジョンソン首相・トラス外相が率いる英国。

かつて大英帝国として、120年ほど前まで世界に君臨していたプライドがあります。

米国とタッグを組んで、次にロシアにどう出るか、に注目が集まっています。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

「プーチン大統領とは、もはや話し合いでは交渉は進まない」と考える欧州・米国。

しかし、プーチン大統領が「また一線を越えるのは避けなければ」と考えながら、慎重かつ緻密に情報を集めながら、ロシアとの睨み合いが続きます。

この最中も、ウクライナでは次々と人が殺害されている状況です。

まずは一時停戦を願うばかりです。

目次
閉じる