MENU

交渉進展の兆し|露ウクライナ侵攻

前回は「ロシアの譲歩姿勢」の話でした。

和平交渉において「軍事作戦大幅縮小」を提示したロシア、「NATO非加盟、中立的立場」を提示したウクライナ。

f:id:Yoshitaka77:20220221063049j:plain
Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

和平交渉に「進展の兆し」と報道されています。

しかし、案の定、ロシアがすんなり攻撃を止めるとは思われず、ロシア軍の激しい攻撃が続いています。

これは「ルーブル急落」に対する対抗措置として、「天然ガスのルーブル建支払」を要求したプーチン大統領。

これを欧州などが「拒否した」ことに、対する対応も含まれると考えられます。

このままでは、本当にルーブルが紙屑になり、ロシア経済が崩壊する可能性が高くなってきています。

今回、あまり旗幟を鮮明にしていないイタリア。

プーチン大統領はドラギ伊首相に「ルーブル決済方法説明」しました。

f:id:Yoshitaka77:20220331063726j:plain
Mario Draghi伊首相(Wikipedia)

「SWIFTからの排除」が進む中、「決済方法」を他国の国家元首に説明せねばならないほど追い詰められているプーチン大統領。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

ロシアの内情は非常に厳しいと考えられます。

欧州においては、英独仏と比較して経済規模の小さいイタリアですが、それでも「相応の経済力を保持」します。

急先鋒の英国は言うまでもなく、反ロシアになりつつある独、あるいは仲介に入っているものの明確な欧州側である仏。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

英独仏が「天然ガスのルーブル建支払」に応じる可能性は0です。

消去法で、「ならばイタリアだけでも」と考えるプーチン大統領。

しかし、「米英独仏の視線」を考えた時、イタリアが応じる可能性は、ほぼないと考えられます。

「攻撃大幅縮小」を提示したロシアでしたが、実態は「軍の再配備」に止まっていると見られます。

「苦しいプーチン大統領が、また『一線を越えないか』」と特に米国・英国は監視を強めており、あらゆる諜報機関・特殊部隊が対ロシアに向けられていると考えられます。

まともな諜報機関がなく、軍があるのかないのか分からない日本。

海外から見ると「自衛隊=日本軍」なのですが、それを自己否定し続けている日本。

「軍でない武装勢力とはなんなのだ?テロリストか?」とすら考えられてしまう状況です。

「核武装の議論」はすべきであるのは当然として、まずこの「自衛隊の意味不明な立ち位置」を明確にすべきです。

憲法9条の「一気に大幅改正」ではなく「微修正」でも断行すべきと思いますが。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる