MENU

フランスの力|露ウクライナ侵攻

前回は「日印関係」の話でした。

ロシアによるウクライナ侵攻開始から26日が経過しました。

ロシアの激しい攻撃が続いている中、ゼレンスキーウクライナ大統領は「最後通告には屈しない」姿勢を鮮明にしています。

f:id:Yoshitaka77:20220221063049j:plain
Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

プーチン露大統領の非常に高圧的な要求に応じる様子を全く見せないゼレンスキー大統領に対して、プーチン大統領は「要求は下げない」立場を鮮明に出しています。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

ロシアのこれまでの歴史・国柄を考えると、「要求を相手が拒否したから、妥協する」という選択肢が「そもそも存在しない」とも言えます。

仮に「妥協する」としたら、「ロシアが敗北する」など「止むに止まれぬ状況」しかありません。

こうなると「もう交渉にならない」状況です。

危機感を強めている欧州は、経済制裁を強めながらも、独仏首脳は必死にプーチン露大統領と交渉を続けています。

中でも、マクロン仏大統領が、かなり力を入れてプーチン大統領と交渉を続けています。

Emmanuel_Macron仏大統領(Wikipedia)

これは、大統領選が近いこともありますが、「欧州の大国」としての威信・力・プライドに期待したいと思います。

マクロン仏大統領とプーチン露大統領は、今年の2月に会談しています。

f:id:Yoshitaka77:20220323064015j:plain

かなり大きなテーブルで「両者の距離感」が強調されているかのような会談です。

「これで相手の声が聞こえるのか」と思ってしまう距離ですが、通訳が入ることもあり、マイクで会談したのでしょう。

3月22日にも二人は電話階段を続け、「交渉妥結条件」を模索しています。

当初想定よりも大きく予定が変わってしまったプーチン露大統領。

プーチン大統領自身、「国内情勢とプライド・メンツを保つためには、どの程度が妥結条件か」がなかなか判断がつかない状況です。

米英が経済的圧力を加え、英国は強硬姿勢を堅持しています。

その中、仏独が「この辺りでやめておかないと、もう取り返しがつかないところまでいってしまう」とプーチン大統領を説得していると思われます。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

ゼレンスキー大統領も若いですが、交渉にあたる主要国首脳の中でダントツに若いマクロン仏大統領。

経験は浅く、プーチン大統領からみたら「ヒヨッコ」でしょう。

若さゆえのパワーと様々な栄光あるフランスという国家のパワーに期待し、停戦交渉がまとまることを願いたい。

我が国は・・・・・ロシアに「北方領土交渉中断通知」を受け、反論するもプーチン大統領から「どうでも良い」と思われている状況。

ここで、賢く国際政治を乗り切って、「日本がああいうことをやるとは!」と世界を驚かせるような戦略を着々練って、実行して欲しいと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる