MENU

原発攻撃|露ウクライナ侵攻

前回は「ICC正式調査開始」の話でした。

昨日、ロシアがウクライナの原発を砲撃しました。

ヨーロッパ最大級の原発と言われるサポリッジャ原発を攻撃するという、前代未聞の暴挙に出たのです。

f:id:Yoshitaka77:20220219092039j:plain
Vladimir Putin露大統領(Wikipedia)

流石にこれは「プーチンといえども『攻撃するぞ』と脅してくるだろうが、実際にはやらないだろう」と欧州・米国首脳は考えていたでしょう。

いわば「禁じ手」に出たプーチン大統領。

攻撃により一時出火したものの、今は鎮火されてロシア軍が制圧したようです。

プーチン露大統領は「ウクライナ中立化は絶対だ!」と宣言しており、ウクライナのEU加盟・NATO加盟は「絶対に認めない」姿勢です。

f:id:Yoshitaka77:20220304060413j:plain

この中、ウクライナが「貢献国」待遇でNATOサイバー防衛協力センターに参加が決定しました。

EUとしては、ウクライナの要求通り「即座のEU加盟」は認めたくても、出来ません。

プーチン露大統領が、さらにヒートアップするのが目に見えています。

そこで、ロシアが地上軍と同時に展開しているサイバー攻撃からは「ウクライナを守る」という姿勢を鮮明にしました。

これはボリス・ジョンソン英首相らの推進と思われ、ロシアに対する具体的、かつ冷静な反撃の一手として非常に良いと思います。

f:id:Yoshitaka77:20220222062850j:plain
Boris Johnson英首相(Wikipedia)

欧州諸国では「プーチンはヒトラーのようだ」という声が表立って出てきました。

かつて三国同盟としてナチスドイツと同盟を結び、第二次世界大戦では枢軸国の一つとして欧米と戦った日本。

f:id:Yoshitaka77:20220305063011j:plain
Adolf Hitler独総統(Wikipedia)

日本では、比較的気軽に「ヒトラーのようだ」とメディア等でも出ます。

ヒトラーによる極めて甚大な惨禍を直接受けた欧州では、簡単に口にできる名前ではありません。

BBCは英国を代表するメディアですが、偏向しないように発信する世界で最も信頼されるメディアの一つです。

そのBBCでこの「プーチンはヒトラーのようだ」という市民の声を「正式に発表」したことは大きな意味を持ちます。

f:id:Yoshitaka77:20220221063049j:plain
Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

必死に抵抗を続けるウクライナに義勇軍が到着し、戦闘は激化の一方です。

首都キーウは、ロシアの砲撃で目を疑うような大惨事となっています。

「どこでどう止めるか」を双方で模索し、水面下で話し合っていることと思います。

3日前には「ウクライナ駐日大使の面会要請を、外相が1ヶ月放置」と報じられました。

日本人の一人として、嘆かわしいというか、なんとも言えない気持ちになりました。

岸田首相は海外との協議をしていますが、「岸田首相の考え」があまり見えません。

こんな非常時こそ、ペーパーを読まずにハッキリと前を向いて、世界に「日本あり」という姿勢を出してほしいと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる