MENU

英国の未来 9|世界情勢

前回は「英国の未来 8」の話でした。

Queen Elizabeth II(Wikipedia)

9月19日に執り行われる、エリザベス女王の国葬。

世界中から多数の元首が参列するとみられ、史上最大規模になります。

安全上の理由等から、「招待者非公表」の英国。

手書きの招待状約1,000枚が作成され、送付されました。

「手書き」に英国の国家としてのプライド・誇りを感じます。

「招待者」に関しては、様々な憶測がありますが、「英国政府がしっかり選定」している姿勢が明確です。

Elizabeth Truss英新首相(Wikipedia)

かつて世界一を誇り、世界中に領土を持っていた大英帝国を彷彿とさせる儀式となりそうです。

1921年の大英帝国の版図(Wikipedia)

100年前には、広大な領土を保有していた英国。

欧州は非常に厳しい状況にある中、英国は新たな決意で、国家としての強さを発揮してゆくと考えます。

米国株式は再び下落し、欧州株は下げたまま落ち着いた状況です。

FRBが「0.75~1%の利上げ」実施の見込みの中、急激な利上げへの懸念が強いです。

Joe Biden米大統領(Wikipedia)

米国では、科学技術分野などの、対米投資の監視強化を発表しました。

これは、米国の技術保護ですが、「監視強化」するほど「対米投資に余裕」があるのでしょう。

今年10月くらいまでは、波乱含みの米国株ですが、年末にかけ復調してゆくと考えます。

目次
閉じる