MENU

混迷する世界と日本|露とウクライナ

前回は「世界と地球」の話でした。

ウクライナ問題は緊張の度合いが収まっておらず、ドイツ・ミュンヘンで安全保障会議が開かれました。

会議では、ボリス・ジョンソン英首相が「ウクライナ支援しなければ、台湾も脅威にさらされる」と主張しました。

台湾のことは、まさに日本にとっては「他人事ではなく、日本にも非常に影響が強いこと」です。

ゼレンスキー・ウクライナ大統領は「ウクライナは挑発に応じない、しかし自衛する用意がある」と自国の姿勢をはっきりと打ち出しています。

Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

戦後、日本は米軍が守ってくれていることもあり、自国がここまで危機に瀕することはありませんでした。

平和な日本人にはウクライナの状況を正確に理解することは難しいでしょう。

しかもウクライナ国内では「親ロシア派武装勢力が実効支配する地域」もあり、ゼレンスキー大統領は非常に難しい立場となっています。

f:id:Yoshitaka77:20220221063355j:plain

NATO・米国・欧州がもっと後押しして、この危機を回避するしかないのですが、明確な道筋はまだ水面下で話し合われているのでしょう。

日本は・・・・・というと、相変わらず国内メディアはともかく、海外メディアはほぼ触れていません。

「触れる内容がない」のが実情でしょう。

こういう非常時の中、英首相が台湾にまで言及する事態となった今、日本の岸田首相にもハッキリと「日本の主張」をして欲しいと思います。

岸田文雄首相(Wikipedia)

主張したところで、あまり重視はされないでしょうが、まずは「発信する」ことが大事だと考えます。

目次
閉じる