欧州の未来 10〜欧州各国の方向性〜

前回は「欧州の未来 9〜欧州政治共同体〜」の話でした。

Giorgia Meloni伊新首相(Wikipedia)

伊で同国初の女性首相による政権が発足しました。

伊で戦後最も右派的な連立となり、欧州に与える影響は大きいです。

経済的には英独仏が強い中、文化的には伊は欧州の中心であり続けました。

建築などの文化・文明の点において、ローマは欧州の中心であり続けた歴史があります。

Mussolini Biografia元伊首相(Wikipedia)

メローニ新首相が、ムッソリーニ首相を「尊敬している」報道もあり、「筋金入りの右派」とも言えます。

Adolf Hitler独総統(Wikipedia)

ヒトラー独総統が、あまりに強烈な印象をもたらしている為、少し影が薄くなったムッソリーニ首相。

しかし、歴史的には、ムッソリーニ首相が1925年に独裁体制を築きました。

そして、その後1934年にヒトラーが独総統に就任したのです。

この意味では、ムッソリーニの方が独裁政権樹立に「9年先じている」とも言えます。

今後、欧州のまとまりがどうなってゆくかが、非常に注目されます。

Xi Jinping(習近平)国家主席(Wikipedia)

中国共産党の党大会で、異例の三期目続投を決定したXi Jinping(習近平)国家主席。

側近は「習派一色」として、権力基盤の強化を実行しました。

「監視国家」の体制が進む中国において、さらにこの方向が強まり、独裁色が高まる方向です。

Boris Johnson英首相(Wikipedia)

世界中の注目を浴びている英国保守党党首選=新首相選。

ジョンソン元首相が、立候補しない方針を明確にしました。

Rishi Sunak元財務相

これで、Rishi Sunak元財務相が新首相となる方向が明確になりました。

Rishi Sunak元財務相が英国新首相となる時、経済政策は前回の党首選で明確にしています。

一方で、Rishi Sunak元財務相の「欧州における英国をどうするのか」の方針次第で、欧州は変わりそうです。

英国がこれでまとまってゆくのかどうか、が世界に大きな影響を持ちます。

金利が急上昇する米国では、手数料も急上昇しています。

難しい株式判断が続く中、投資市場は敏感度を増してゆきそうです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次