MENU

混迷する世界|露ウクライナ侵攻

前回は「侵攻するロシア」の話でした。

ロシアがウクライナの首都キエフに侵入しました。

キエフに留まっているゼレンスキー大統領。

ここまでロシア軍が強硬だと、亡命することも選択肢になり、欧州・米国と協議していると考えられます。

f:id:Yoshitaka77:20220221063008j:plain
Volodymyr Zelenskyウクライナ大統領(Wikipedia)

ウクライナはロシアと話し合おうとしています。

プーチン露大統領の考え次第ですが、ここで一歩踏み止まって、ゼレンスキー大統領たちウクライナ政府首脳部、あるいはウクライナ市民をこれ以上傷つけないようにして欲しいと思います。

f:id:Yoshitaka77:20220221063355j:plain

その為に、プーチン露大統領は「ウクライナ併合」を要求しているのかもしれません。

混迷の中、SNSで偽情報拡散が多数確認されています。

こういう時だからこそ、動画・写真を含む情報ソースは、BBC、CNNなどのメディアをきちんと確認するようにしたいです。

予期されていたとは言え、「撤退している」と世界中に行っていたプーチン露大統領の話とは真逆の「突然の侵攻」となったウクライナの状況。

ベルリンの壁崩壊以来の、最大の地政学の変化の序章かと思います。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる