MENU

侵攻するロシア|露ウクライナ侵攻

前回は「衝突する米欧と露」の話でした。

ついにロシアがウクライナに侵攻開始しました。

米・英・欧州が様々な追加制裁を発表しています。

中でも英国は「史上最大の対露制裁発表」とあり、ジョンソン英首相の強行路線が際立っています。

今回の対露の姿勢では、ボリス・ジョンソン英首相の強行は発言や手段が非常に際立っています。

f:id:Yoshitaka77:20220221063355j:plain

先日は「ロシアは1945年以降最大の戦争を計画」とまで発言しています。

Boris Johnson英首相(Wikipedia)

英国は米国に次ぐ諜報機関MI5,MI6等がいるので、独自の諜報を得た上でのロシアに対する姿勢かもしれません。

ジョンソン英首相を見ていると、第二次世界大戦の時、ドイツに強硬に抵抗したチャーチル英首相を思い出します。

Winston Churchill英国首相(Wikipedia)

第二次世界大戦時のチャーチル首相になぞらえるのは、これ以上ロシアの侵攻が進んで欲しくない気持ちからすると、少し違和感はあります。

しかし、ジョンソン英首相のような「強いリーダー」が西側にいることは、非常に頼もしいことであります。

超強気のプーチン露大統領・ジョンソン英首相の間で、何らかの話し合いが付き、戦争が広がらないように願いたい。

その為にも、ジョンソン英首相の強行路線は応援したい。

↓応援して下さい↓
にほんブログ村 にほんブログ村へ
PVアクセスランキング にほんブログ村
目次
閉じる